恋する乙女のスイートポンガル

sweetpongal

Sakkarai Pongal from Parthasarthy temple, Chennai

タミル暦の10番目の月にあたるタイ月(1月中旬〜2月中旬)の初日は、太陽の神に豊作を感謝する収穫祭、タイポンガルの日。この日から太陽は北に向かうとされ、新米と豆を牛乳とジャガリー(未精製糖)で煮た甘い粥(スイートポンガル=サッカライポンガル)を作り、神に捧げます。ポンガルにはタミル語で「茹でこぼす」、「沸き立つ」という意味があり、あふれてこぼれんばかりの豊穣と吉兆を願って勢いよく茹でこぼします。

 

スイートポンガル、お粥といっても少し固めで、その存在感は少し日本のおはぎに似ているかもしれません。ポンガルには胡椒をピリッと効かせたスパイシーなヴェンポンガル(ヴェンとはタミル語で白という意)もあり、こちらは朝食の定番として一年中食卓に登場します。1年のこの時期だけ食べるジャガリー色(ダークブラウン)のスイートポンガルとは、味も見た目も対照的です。特に色が濃く味も濃厚な、Paggu Vellamと呼ばれるジャガリーが好んで使われます。

 

実はこのスイートポンガル、タイポンガルの4日前、タミル暦の9番目の月、マールガリ(12月中旬〜1月中旬)の27日目にも各家庭やヴィシュヌ神を祀る寺院で作られます。ある一人の少女のために。

 

少女の名はアーンダール。9世紀頃実在したといわれる宗教詩人で、ごく幼い頃からクリシュナ神に恋し、神の花嫁になると決め、その祈願をマールガリ月30日間の各日に合わせた30首の美しい詩、Thiruppavai(ティルッパーヴァイ)に込めました。マールガリはクリシュナ神が最も愛した月。今でもマールガリは神への祈りの月とされ、結婚式など個人的な催事は控え、代わりに古典音楽や古典舞踊のコンサートや舞台が毎日行われます。女達は、日の出前に米粉で玄関前に鮮やかな吉祥模様コーラムを描き、その日のためのティルッパーヴァイを歌うのです。

 

祈願の成就が近づいたマールガリ月27日目の詩に、スイートポンガルが登場します。月の始めから断食*1と節制を続けていたアーンダールと仲間の少女達は、神の元に集まり、神を讃え、美しく着飾って、スイートポンガルを食べると歌うのです。

 

スイートポンガルを食べましょう。

ギー*2はたっぷりと、一口つまんだ指から腕を伝って肘まで垂れるほどに。

そうしてみんなで一つになりましょう。

なんと甘美で官能的な詩でしょうか。断食をしていたアーンダールにとって、ポンガルの甘さは神への愛と相俟って、とろけるような快感となったことでしょう。ギー=クリシュナ神とも捉えられるし、これこそ究極のLovEat。

マールガリ月の最終日に、アーンダールは神と結婚し、神の住む国へ旅立ったと伝えられています。その時彼女はわずか15歳だったとか。タミルの人々は今も彼女を愛し、ヴィシュヌ神(クリシュナ神はヴィシュヌ神のアバター)を祀る寺には必ず彼女も一緒に祀られています。

 

それほどまでに神に恋いこがれるという感覚は、異なる文化圏から来た私にとっては正直奇異にも映りますが、天上の甘露のようなスイートポンガルの描写には心が躍ります。その禁断ともいえる甘さを口にした時、激しく短い彼女の一生に思いを馳せて、ちょっぴりせつない気持ちにさせられるのです。

*1 一般的に、断食といっても完全に食を断つわけでなく、フルーツや限られた食品を摂ります。

*2 バターを煮詰めて水分を飛ばして濾過精製し、純粋な油にしたもの。

Tweet about this on TwitterPin on PinterestShare on Facebook